ベトナムフェアトレード雑貨、シルクウエアのエケッツ-Ekets International Co,. Ltd. 活動報告 「インターンシップレポート No.2」 
 

- Intern Report From Vietnam No.2-

第2週

インターン内容 OUTLINE

 エケッツ商品の生産者団体の中の1つ、MAI HANDICRAFTS( MH)についての理解を深めた。 当初はMHのディレクターや商品を作っている人たちを直接訪問する予定であったが、 相手方がとても忙しく時間がないということなので、代わりにホーチミンにあるMHの店を訪問、 また、LHのマネージャーに話を聞いた。

ABOUT MAI HANDICRAFTS

MH

(LHと同様に)やむを得ない事情から職につけずに貧しい生活を送る人々の 生活を支援するために始められたプロジェクト。 ストリートチルドレンや職のない女性、身体に障害を持った人たちがそこで職を得、 働いている。技術の教育や指導も行っているため、専門学校等に通った経験がなくても、 だんだん仕事につながる技術を身に付けられるようになっている。 生産者たちはそれぞれが住んでいるところで生産をしている。 なのでMHのマネージメント側は、1つ1つのワークショップをまわり、 オーダーを伝えたり技術指導を行ったりしている。(だからとっても忙しい)

オーダーの流れ(エケッツの場合)
商品のオーダーや発送はすべてLHを通して行われています。
エケッツオーダー
LHがオーダー書類を作成、MHに送る
サンプル作成
LHでサンプルをチェック、エケッツと連絡をとって改善の余地等を検討
OKがでたら生産開始
LHで商品を包装
各販路へ



MHショップ

MHの商品だけをおいている店。 オフィスとはまた別で、ホーチミン市中心部から少し離れたごく普通の町中の一角にある。 外国人観光客も買いに来るというが、どうやって辿り着くのだろうというようなところだ。 なんだか素敵な家があるぞと思ったら、そこがMHの店だった。 写真に写っているのが、この店のオーナー。なんとまだ23才! 店内にはシーズンに合わせたクリスマス商品がいっぱい(この日は12月23日)。 また、カードや食器など様々な種類の商品が並ぶ。手作り感のあるものから、 手作りに見えないものまで色々だが、どれもアジアンテイストがかなり強い。 良し悪しである。写真は、商品の中から私が選んで買ったもの。 日本でも馴染んで使えそうなものを選んだ。友人に送ります。 クリスマスはもう終わってしまいますが。


EVERYDAY INCIDENTS

水道管工事

22日、水道管を工事するので22日18時から23日6時まで断水しますよというお知らせが届いた。 しかたなく桶という桶にいっぱい水を貯めて一晩を過ごす。 そして23日6時を過ぎ、何のためらいもなく桶に残った水を使い切った。 そして23日のお昼。台所の水が出ない。トイレの水が流れない。悲劇である。 なんであんなにきちんとした書類を各家に配っていながらその宣言どおりに工事が終わらないの! 結局、いつもどおりに水が使えるようになったのはその日の23時頃でした。 ここでは紙で言っていることを信じきってはいけない。

マーケット

ホーチミン市には市場がとにかく多い。大規模なものから小規模なものまで、 とにかくいたるところでCHO(市場)の看板を見る。 新しい刺繍糸を買うのにまた新しい市場に連れて行ってもらった。 そこもベンタイン市場に負けないくらい大きく、 中には小さい店がところ狭しと並んでいる。 お店の人は商品の中に埋もれるように座り、中には食事をとっている人までいる。 暇なものは暇。仕事なんだからしっかりしなきゃ、という緊張感みたいなものは全くない。 自営業だとしても日本じゃありえない・ (もちろん、皆が皆そういうわけでなく一般的にみて、の話である)

THOUGHTS

MHの店へ行って思ったのは、商品のデザインがアジアンチック過ぎるということである。 これでは、いくらフェアトレードの名前を掲げたところで「よし、買おう」 と言ってくれる人は少ないのではないだろうか。 フェアトレード商品を何か買ってみようと思っても、デザインがどうしても気に入らなかった場合、 普段使えなさそうな気がした場合。私だったら買わない。買ったとしても、使われずにホコリをかぶってしまうのも悲しい。 お客さんが実際に買うのは欲しいと思ったものだけである。普段から使えそうな、 そして自分が気に入ったデザイン、色のもの。もしくは友人や家族が気に入ってくれそうなもの。 商売の仕方に共感しても、その商品を気に入らなければ「買う」行為にまではいたらない。 好みやセンスは人によって違う。だからその違いに合わせて商品のデザインも変えていったら、 今よりも多くの人にMHの商品を使ってもらえるのではないだろうか。 日本人向けのmade in Vietnam商品開発を。私はその方面で貢献できそうな気がしている。   Mai(Lotus Houseのスタッフの一人)が具合を悪くした。家で水やガスを激しく節約するため、食材を洗ったり火を通すことをおろそかにしてしまうことが原因のようだ。とても身につまされる思いである。夜、蚊を撃退するために扇風機をつけっぱなしている場合ではない。 ベトナム語を流暢に話す韓国人には驚かされる。勉強し始めてたった7ヶ月だというのに、ふつうにここのスタッフと会話している。 にしても、韓国人多すぎ!どこかに日本人いないかなあ。(郁)

report1 report2 report3 report4 report5 report6 report7 report8 report9 report10
report11 report12 report13 report14 report15

 

(有)エケッツインターナショナル
郵便番号240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内1177−19
Tel: 080-1062-9557 Fax: 046-877-4443 e-mail: info@ekets.com